名古屋大学 卓越大学院プログラム(文部科学省補助金事業) Convolution of Informatics and Biomedical Sciences On Glocal Alliances, CIBoG 情報・生命医科学コンボリューション on グローカルアライアンス卓越大学院

ニュース

CIBoG特別:  津本 浩平 東京大学大学院工学系研究科 教授 「次世代医薬品開発と蛋白質科学」2021年1月19日 14:00

「次世代医薬品開発と蛋白質科学」が開催されます

日時:2021年1月19日 14:00

Zoom

「次世代医薬品開発と蛋白質科学」要旨

津本 浩平 博士

(東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授)

 抗体は抗原分子を高い親和性と特異性によって認識するため、バイオ医薬品や診断薬として多様な用途に使われている。近年、抗体医薬を中心としたバイオ医薬が医薬品売上高上位を占めるようになり、一方で次世代の抗体には物性の改良(バイオベター)、さらなる高機能化(バイオスペリア)が求められるようになっている。
 抗体の抗原認識を中心とした様々な物性について、「抗体を知る」「抗体をさがす」「抗体を作りかえる」という3つの視点から、多角度的な解析、エンジニアリングを行うことで、新時代に求められる抗体分子の創製に寄与できる。

申込先 人数制限がありますので、18日12時までに下記フォームからお申し込みください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeKqyojZ435dyT6X-J3G6SwQ2eePe6f6RTGPAxiilx2Ra-Mew/viewform?usp=pp_url

略歴

平成 3年 3月 東京大学工学部工業化学科卒業

平成 3年 4月 東京大学大学院工学系研究科工業化学専攻修士課程入学

平成 7年 8月 東北大学助手(大学院工学研究科生物工学専攻)

平成 9年 4月 博士(工学)取得(東京大学)

平成14年10月 東北大学助教授(大学院工学研究科生物工学専攻)

平成17年 3月 東京大学准教授(大学院新領域創成科学研究科

メディカルゲノム専攻、工学部化学生命工学科兼担)

平成22 5月 東京大学教授(医科学研究所 疾患プロテオミクスラボラトリー

大学院新領域創成科学研究科兼担)

平成25 4月 東京大学教授(大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻、化学生命工学専攻兼務

医科学研究所疾患プロテオミクスラボラトリー兼務、生産技術研究所兼務)

現在に至る

集合写真.png

問い合わせ先 中野秀雄(Nakano, H) hnakano@agr.nagoya-u.ac.jp